シミやシワ、肌トラブルが気になってきたら、もっとも効果的なのは朝食のパンをやめること。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

Many-seed Bread

最近話題の
糖質制限ダイエット。

パスタやラーメン、パンやうどん、
そしてご飯やスイーツにいたるまで、
全ての糖質を少なくするのが
糖質制限ダイエットです。

ダイエットしてだけではなく、
もしあなたが肌トラブルを
多く感じているとしたら、

それも
加熱した糖質の過剰摂取が原因

かもしれません。

年齢より老化している人の原因

20081488_s

糖化反応とは、
糖分子がタンパク質、 脂肪、
アミノ酸に結合することを
意味する生化学用語です。

メイラード反応と
呼ばれることもあります。

このプロセスは
終末糖化産物(AGEs)を形成し、
タンパク質の繊維がゆがめられ、
硬くなります。

シワやたるみ、肌の変色、
身体的影響は
糖と結合したタンパク質に
よるものであって、
肌の老化に影響する表れです。

とくに糖質は
糖化反応を急速に促進します。

しかし、
今現現在の研究においては、
AGEsを形成しない一番の方法は
糖質を減らすことです。

糖質を摂取しやすい 高GI値食品

 

GI値 食品
あんパン 95
フランスパン 93
食パン 91
ビーフン 88
バターロール 83
うどん 80
マカロニ 71
85
精白米 84

参照低GI値で  
食べるほどにやせ体質ダイエット

高GI値食品のほとんどが
精製されている小麦食品です。

その中でも 小麦食品に含まれる グルテンは
レプチンと レプチンの受容体の結合を
阻害します。

レプチンとは
脂肪細胞から作り出される
食欲の調節をおこなうペプチドホルモンです。

受容体との結合を阻害されると
満腹感が得られにくくなります。

皮膚の老化とAGEsの関係とは?

2015-10-31 15.45.46-1

皮膚の老化において、
AGEsはコラーゲンや弾力繊維に
生成されていることがわかっています。

皮膚のゴワゴワした変化に
AGEsが関わっていると考えられています。

AGEs形成による
コラーゲンの代謝の遅延が
シワ形成の一因として考えられています。

さらに外見が老けて見える人は
体の中身も老けている可能性があります。

9033827_s

2009年におけるデンマーク大学で
老化を専門に研究しているグループの
研究結果による

70歳以上の1826人の双子の写真を
20人の老化病か勤務の看護師、
10人の若い医師、
11人の高齢の女性に見せました。

双子が何歳に見えるかを調査しました。

7年後の2008年に双子の生存状況を確認し、
以前の質問と関連性を調べました。

2008年には37% の双子が亡くなっており、
その多くは「老けて見えた」双子の方でした。

このように見た目の老化は
実際の体の老化にも関わっています。

見た目を若く保つことは
カラダ自体のアンチエイジングにも
繋がります。

女性が見た目を若々しく
そしてキレイでいたいというのは
生物学的にも正しい選択といえます。

血糖が上昇すると
脳に対しても悪い影響をもたらす

15181696_s

最近の科学では
糖質を過剰に摂取することによる
人間の神経伝達物質まで解明されています。

血糖が上昇するとともに、
セロトニン、エピネフリン、
GABA、ドーパミンが減少します。

同時にビタミンB複合体は
使い尽くされます。

マグネシウムも消費され、神経系、
肝臓系の機能に影響を与えます。

加えて、高血糖が引き金となり、
メイラード反応をおこし、
AGEsを生成します。

AGEsは重要な脳の萎縮も招きます。

 

さらにアメリカでの
糖尿病患者数の推移を見てみます。

1994年に米国糖尿病学会と
米国心臓病協会が
「高炭水化物、低脂肪食」
を推奨しました。

その後、糖尿病、肥満の人の数は
急増しています。
(
1980年以降の患者数の推移に
リンクしています。)

糖尿病を発症し、進行すると
皮膚のかゆみやおできが
できやすくなったりもします。

血液中に多くなったブドウ糖を
カラダが排出しようと
たくさんの尿が作られ、
脱水症状をおこします。

皮膚の乾燥し、
乾燥からかゆみも出ます。

乾燥するとお肌の新陳代謝は乱れ、
ターンオーバーが遅くなります。

お肌が生まれ変わりにくくなり、
余分な角質が溜まり、
皮膚の老化がますます進みます。

たかがパン、されどパン、
毎日食べているとしたら、
毎日老化を進行させているようなものです。

もし仮りに
5枚切りの食パンを
1枚朝食で食べているとします。

それを豆乳ヨーグルトに変えるとします。

  • 5枚切り食パン1枚
    糖質32.1g
  • 豆乳ヨーグルト200ml
    糖質3.2g

年間10548gの糖質を
摂取していることになります。
スキンケアは生活習慣を
見直すことがとても大切。

メイクアップアーティストで有名な
濱田マサルさんも述べています。

もしあなたが最近お肌の調子で
悩んでいることが多くなったとしたら、
一度まず朝食から見直してみるのは
いかがでしょうか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメント

  1. モイケル より:

    細かい事ですが、「朝の朝食」は変です。
    朝食か、朝の食事か、そんなとこでしょう。
    お綺麗ですね。失礼いたしました。

    1. yukiko matsuda yukiko matsuda より:

      モイケルさん、
      ほんとですね!!笑

      全く気づいていませんでした(o^^o)

      教えていただき、ありがとうございます♪

コメントを残す

*