太ももをダイエットしたいあなたに今すぐ足が細く長く見える方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

IMG_1974

朝起きると快晴!

季節も季節だし、
今日は白いスカートをコーディネート!

「見た目も涼しげだし、
コレにしよう♪」

嬉しげに着た瞬間…


「あ!」
「もしや太ってる??」

しばらく体重計にのってなかったりするとよくある光景。

そういう私もちょっと気を抜いて
計らないと絶対に増えています笑

なぜなら計らない時は
後ろめたいからです笑

今日はそんな時に
あなたの足のラインを整えて
まっすぐに見せる
足の筋肉の使い方をご紹介します。

今すぐ足を細く長く見せる方法

自分で思っている足の真っすぐと
本当の足の真っすぐは違う

多くの方の足をチェックした結果
わかったことがあります。

あなたの思っている
ご自身の足の真っすぐと
本来の足の真っすぐは違っている、
ということです。

「え?」
「どういうことですか?」

最初にお伝えすると
かなりの質問がきます笑

「まっすぐに足を揃えて立ってください。」

こうお伝えしたところ、
多くの人が以下の写真のような
立ち方をされます。

※読んでくださっているあなたも
鏡を使ってご自身の状態を
チェックしてみてください。

姿勢チェックの方法

  1. 鏡に向いて横向きに立ちます。
  2. 軽く足踏みを30秒ほどします。
  3. いつも自分が思っている
    真っすぐだと思う姿勢をとって
    チカラを抜いて自然に立ちます。
  4. そのまま真横の鏡を見て、
    カラダの重心が前になっていないか、
    かかとの上くらいに頭はあるか、
    あごが出て、頭が前に出ていないか、
    膝が伸びすぎて太ももが
    前に出ていないか、
    お腹が出ていないか、
    腰が反っていないか、状態をチェックしてください。

 

多くの人が取る真っすぐの状態

IMG_1964

 

足は真っすぐでしょうか?

写真の状態

  • お腹の筋肉が緩んでいます。
  • 腰が反りすぎています。
  • 膝が伸びすぎています(過伸展)
  • 太ももが前に出ています。
  • カラダが前かがみになっています。
  • 肩が前に丸まりかけています。

この状態のまま過ごすと
起こりうるカラダの状態

  • 太ももの前に筋肉がつき
    足のラインが崩れます。
  • 膝の上の筋肉がたるみます。
  • 裏太ももが短くなり、
    ヒップが下がります。
  • ゆえに足が短くも見えます。
  • お腹の筋肉もゆるみ
    下腹も出ます。
  • 猫背にもなりやすくなります。
  • あごが前に出て、
    肩が凝ります。

この状態はもちろん真っすぐではありません。

本来足の真っすぐは
以下の写真のようになります。

本来のまっすぐの状態

IMG_1966

写真の状態

  • お腹がすっきりしています。
  • 背中が自然なS字です。
    (少しカーブが少なめです)
  • 膝が伸びすぎていません。
    (ニュートラル)
  • 太ももが前に出ていません。
  • かかとの上くらいに頭があります。
    (前かがみではありません)
  • 肩が前に丸まっていません。

この違いはどこからくるのでしょうか?

カラダが前かがみになり、
足が太く短く見える原因の1つ

実は…

「膝」です。

多くの方が「真っすぐ」だ
と思っている膝の状態は
「過伸展」状態です。

つまり膝が伸びすぎています。

簡単にいうと
膝の一番良い状態とは周りの筋肉が
全体的に膝を支えている状態です。

IMG_1967

 

この状態の膝は前の筋肉が中心に
支えられています。

全体的に支えられていません。

結果、足の筋肉のバランスが崩れ、
前の太ももに筋肉が偏り、
発達し、お腹の筋肉も緩みます。

お尻も下がりやすくなり、
足も短く見えます。

膝が全体的に筋肉にバランスよく
支えられていると

IMG_1968

 

足が真っすぐになり、
お尻も上がり、足が長く見えやすくなります。

 

膝が伸びすぎた状態(左)と
膝がニュートラルな状態(右)

posture

足を細く長く見せる
足の使い方

膝が過伸展で足が短く太く
見えていた方に

長く細く見せるために
意識していただくこと。

「膝はほんの少しだけ
チカラを抜き、
内ももの筋肉を使って立ちます。」

全ての原因が膝だけ、
というわけではありません。

ただ、膝にチカラが入りすぎる習慣が
あなたの足のラインを崩している
可能性あります。

鏡を見てセルフチェックされた方で
膝が伸びすぎていた方は
ぜひともチカラを適度に抜き、
膝が本来の真っすぐ、
(ニュートラル)を覚えられるよう、
改善してみてください。

今すぐ足が
細く長く見える方法まとめ

ご自身のカラダの「真っすぐ」
チェックしてみていかがでしたか?

確認してみて意外なことに
びっくりされたかもしれません。

このように日々の習慣で
自分の感じているカラダの真っすぐと
本来の真っすぐが違うことはあります。

膝だけでなく、
座った姿勢も似たようなことが
おこっています。

間違えて覚えた真っすぐの記憶を
本来の真っすぐをインプットしなおし、
足を今より細く長く見せましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*