199kcalチコリを使ったダイエットデトックスサラダレシピ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

IMG_1812

夏もピークを迎え、
そろそろ食欲も落ちてきたり、
疲れが抜けにくかったり。

そんな時に
疲労回復と紫外線対策にも
有効なデトックスサラダを。

ドレッシングも食べる前に
混ぜてかけるだけの
簡単サラダレシピ♪

 

材料

IMG_1815

(2人分)
カロリー 1人前199kcal
タンパク質 2.95g
糖質    17.03g
脂質              14g

【サラダ】

  • チコリ  60g (2/3ほど)
  • 赤玉ねぎ    50g(1/4程度)
  • サラダ菜     90g(1株程度)
  • くるみ                 5g
  • レーズン    20g

【ドレッシング】

  • オリーブオイルオイル 24g(30ml  大さじ2)
  • 有機レモン果汁  30g (30ml, 大さじ2)
    (お好みで調節してください。)
  • 岩塩、胡椒  少々

作り方

【ドレッシング】

  1. ドレッシングの材料の
    オリーブオイルとレモン果汁を
    あわせます。

 

【サラダ】

  1. サラダ菜をちぎります。
    チコリーは葉を
    外から1枚ずつはがします。
    赤玉ねぎは薄切りにします。
  2. 野菜を洗いサラダスピナーで
    水切りします。
    IMG_1810
  3. お皿の上に盛りつけして
    クルミを手で割りながらかけます。
    レーズンものせて、
    オリーブオイルとレモンを混ぜたものを
    かけて、塩、胡椒をふって
    出来上がり♡

item有機レモン果汁

有機のレモン果汁
レモン果汁100% 250ml

302円

 

ダイエットポイント

赤たまねぎ

ねぎ類に含まれる
アリルプロピルジスルフィドと
クロムは血中のグルコース(ブドウ糖)
濃度を下げ糖尿病予防に役立ちます。

赤玉ねぎに含まれる硫化アリルは
ビタミンB1と結合すると
吸収がよくなります。

ビタミンB1は、
糖質をエネルギーに変えやすくする
栄養素です。

豚肉、かつお、大豆などと
一緒に献立を作ると相乗効果が上がります。

赤玉ねぎにはケルセチンという
ポリフェノール成分が含まれます。

特に外皮に多く含まれています。

ケルセチンには抗酸化作用があり、
老化防止に役立つほか、
体内に摂取した脂肪の吸収を
抑えるはたらきがあります。

チコリ

チコリに含まれるチコリ酸により、
肝臓機能の向上、
解毒作用の促進が期待できます。

脾臓や胆のう、腎臓など
内臓の浄化にも役立ちます。

チコリには水溶性の食物繊維
イヌリンが含まれています。

食物繊維は腸内で腸内にたまった
余分なものを体外に排泄してくれます。

イヌリンの働きによって
腸のぜん動運動が活発になり、
老廃物の排泄に役立ちます。

イヌリンは水分を吸ってゲル状になり
発がん性物質や老廃物を吸着し、
便とともに排出します。

腸内環境の改善などにも
役立ちます。

チコリは利尿作用もあります。

腎臓を浄化し、腎機能を高めます。

余分な水分や老廃物が
体外に排泄され、
むくみの改善にも役立ちます。

レーズン

ぶどうに含まれるポリフェノールや
有機酸、ブドウ種子油に含まれる
リノール酸やオレイン酸などには、
血中の悪玉コレステロールを下げる働きがあります。

ぶどうに含まれるカリウムには、
血糖値の上昇を抑える働きも
報告されています。

糖尿病予防にも役立ちます。

ぶどうに含まれるアントシアニンは
内臓脂肪の蓄積を抑えます。

メタボリックシンドロームの
予防にも役立ちます。

くるみ

脂質は、細胞をつくる上で
必要な成分です。

しかし、コレステロールは酸化すると
悪玉(LDL)コレステロールになります。

悪玉(LDL)コレステロールは
血管の壁に張り付き、
大きくなると血流が悪くなります。

くるみに含まれるオメガ3には、
血液中のコレステロールを低下させ
善玉(HDL)コレステロールを
維持、上昇させる効果があります。

血流を改善しやすくなります。

オリーブオイル

オリーブオイルに含まれるオレイン酸は、
腸のぜん動運動を促進し、
スムーズな排便を促してくれます。
オリーブオイルは、
肌に塗ることによっても
美肌効果があるといわれています。

オリーブオイルには
肌に潤いをもたらす植物性スクワラン、
ビタミンA、ビタミンE、ポリフェノールなど
含まれます。

肌に塗ることで、
保湿効果や肌の新陳代謝が
活発になります。

オリーブ油の成分は
人間の皮脂に近いため、
アレルギーにもなりにくいことがわかっています。

市販のサウザンドレッシング使用の
栄養素の比較

チコリデトックスサラダ

1人前 199kcal
タンパク質 2.95g
糖質 17.03g
脂質 14g
ビタミンA   164.4ug
ビタミンK  106.62ug
ビタミンB1  0.11mg
ビタミンB2  0.14mg
ビタミンB6  0.16mg
ビタミンE   2.36mg
飽和脂肪酸 1.77g
一価不飽和脂肪酸 9.14g
多価不飽和脂肪酸 2.18g
カリウム 595mg
マグネシウム 27.94mg
カルシウム  76.65mg
リン  84.93mg
鉄   2.68mg
亜鉛  0.45mg
マンガン 0.2mg

 

一般的な
サウザンドレッシングを
使った場合

1人前 208kcal
タンパク質 3.19g
糖質 14.39g
脂質 18.5g
ビタミンA  170.25ug
ビタミンK   119.28ug
ビタミンB1  0.11mg
ビタミンB2  0.19mg
ビタミンB6  0.16mg
ビタミンE   3.28mg
飽和脂肪酸 1.33g
一価不飽和脂肪酸 6.66g
多価不飽和脂肪酸 4.07g
カリウム 600.2mg
マグネシウム 27.88mg
カルシウム  79.06mg
リン  92.58mg
鉄   2.78mg
亜鉛  0.49mg
マンガン 0.2mg

一価不飽和脂肪酸…オメガ9
多価不飽和脂肪酸…オメガ3,6

fat-udosoil

不飽和脂肪酸は
血栓を予防したり、
中性脂肪を減らしたりする効果があります。

善玉(HDL)コレステロールを
増やしたりする効果もあり、
動脈硬化の予防にも役立ちます。

1食あたりの30の栄養価

food-composition-diet-chicory-sarad

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*