紫外線予防・シミ対策の食べ物レシピ|アサイートリュフ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

IMG_1468

 

朝から快晴!
ふっとまぶしくて起きたら、
「朝5時なのに、こんなに明るい!」

「お天気いいのは嬉しいけど、
通勤で気になるのよね、シミ…」

この時期は特に紫外線
UV-Bが増えてきます。

日焼けを起こし、
シミの元になる紫外線です。

もちろん、日焼け止めなどの
外側からのケアも大事ですが、
内側からの紫外線対策も重要。

紫外線は浴びることで
活性酸素を増やし、
シミの原因になります。

そのためには
活性酸素を除去する働きのある、
抗酸化物質を取ることが効果的です。

今回は抗酸化力物質をたっぷり含んだ、
アサイートリュフレシピです。

 

材料

IMG_1465

アサイートリュフ 4個分
カロリー 1個約114kcal
タンパク質 2.16g
糖質    8.9g
脂質              10.6g

  • ローカカオパウダー 6g(大さじ1)
  • 有機アサイーフリーズドライ 30g
  • ココナッツシュガー 5g (小さじ1)
  • くるみ  30g
  • デーツ(ナツメヤシ)  3粒(20g)
  • ココナッツオイル  18g (大さじ1と1/2)
  • 塩 ひとつまみ
  • ステビア 3g(小さじ1/2)

※朝食に食べる場合は
柑橘類(レモン・オレンジなど)、
セリ科(パセリ・セリ・三つ葉・
明日葉・セリ)、キウイ、
いちじく、春菊、人参、
きゅうり、洋からしは避けてください。
詳しくは以下に触れています。

 

作り方

【準備】

  • ラップを用意します。
    バットの上に引いておきます。
  • くるみは2-3時間お水につけて
    水を切ります。
  • デーツは細かく切っておきます。

【アサイートリュフ】

  1. くるみ、デーツを
    フードプロセッサーで混ぜ、
    こまかく刻みます。
    IMG_1463
  2. よく刻んだら、ローカカオパウダー、
    アサイー、ココナッツシュガー、
    ココナッツオイル、ステビアを入れ、
    よく混ぜます。
    IMG_1464
  3. 材料をバットの上に
    4等分にして丸めてのせます。
    IMG_1465
  4. ラップを上から閉じ、
    冷凍庫で30-1時間冷やし固めて、
    できあがり。

itemサンバゾン有機アサイー

サンバゾン(TM)
アサイーパウダー90g

3000円
アサイーを手軽にご家庭で!
サンバゾン 有機 アサイー
送料無料

3024円

itemオーガニックローカカオパウダー

ナビタスナチュラルズ社
オーガニック・ローカカオパウダー
227g

2364円

【楽天】オーガニックスーパーフード。
ナビタスナチュラルズ社
オーガニック・ローカカオパウダー
227g

2365円

紫外線予防・シミ防止
ポイント

アサイーの栄養

IMG_1479
アサイーはアマゾン原産で
抗酸化物質を豊富に含んだ
スーパーフードです。

濃い青色と紫のもとになっている
抗酸化物質のフェノールと
アントシアニンを含みます。
(100gあたり320mg)

カラダによいタンパク質の形成に
必要な19種類のアミノ酸も含みます。

カルシウムやリンなどのビタミン、
ミネラルも豊富に含みます。

食物繊維が豊富で、
糖質も少ないです。

フロリダ大学が
『Journal of Agricutural
and Food Chemistry』に発表した論文では
スティーブン・タルコット准教授は
アサイーベリーの抽出液は
白血病細胞の86%に自己破壊反応を
起こしたと述べています。

これについて、准教授は
「アサイーベリーは
抗酸化物質を最も多く含んでいる
フルーツと考えられる」と
著述しています。

グルテンフリー

グルテンフリーで
小麦を使わずに作っています。

グルテンを構成する
グリアジンを摂取しないので、
食べ過ぎも防ぎやすいです。

グリアジンは食欲を刺激し、
もっともっと食べたくなり、
お腹がすいていると錯覚させるものです。

ヴァージンココナッツオイルの栄養

ココナッツオイルを使用し、
カラダを酸化させるトランス脂肪酸を
ふくみません。

脂肪燃焼に役立つ
中鎖脂肪酸も摂取できます。

そのほかにも体内で合成できない
必須脂肪酸も取れます。

甘みについて

白い砂糖の変わりに、
デーツやココナッツシュガー
ステビアを使い、
血糖値が急上昇しにくい、
脂肪合成しにくいスイーツです。

カロリーはそこそこありますが、
栄養がたっぷりあります。

ローカカオの栄養
IMG_1483

カカオはスーパーフードのひとつで
抗酸化力がとても強い食品です。

ポリフェノール、カテキン等の
抗酸化物質をふくみます。

マグネシウム、鉄分、
クロムなどのミネラルも含み、
体をアルカリ化したり、
貧血の予防にも役立ちます。

ただし、中毒性が高く、
アメリカ先住民の人々は
カカオを薬として使用しており、
常食はしていなかったことなどからも、
食べ過ぎは禁物です。

 

朝食、昼食に食べる場合の
食べ合わせ注意

ソラレン、ファゴピリン、
フェオホルバイドaを含む食品は
UV感度を高め、日焼けを
引き起こしやすくなります。

紫外線によくあたる予定の朝食、
昼食には摂取を控える方が無難です。

具体的な食品は以下の物です。

1.ソラレンを含む食品

柑橘類(レモン・オレンジなど全部)、
セリ科(パセリ・セリ・三つ葉・
明日葉・セリ)、キウイ、いちじく、
春菊、人参、きゅうり、洋からし
チャービル、コリアンダー
コリアンダーの種、クミンの種
クミン、ディル、
フェンネルの種子
パースニップ

2.ファゴピリンを含む食品

日本蕎麦

3.フェオホルバイドaを含む食品

アワビ

4.人口甘味料や防腐剤、薬

皮膚が日光に敏感になる場合があります。

紫外線対策の相乗効果が
得られる食べ物

日焼け・しわ防止、
メラニン抑制の食べ物

トマト、すいか
小松菜、パプリカ、ブロッコリー、
柿、赤肉腫メロン、ピーマン、
芽キャベツ、カリフラワー、苺、アセロラ
ベリー類、(ザクロ、苺、
ラズベリー、クランベリーなど)

※リコピンやビタミンC、
αカロテン、βーカロテンなどを
豊富に含む抗酸化力や
美白効果の高い食品です。

 

アサイートリュフの
栄養素

クコの実エナジーボール
(約30g)

1個 114kcal
タンパク質 2.16g
糖質 8.9g
脂質 10.6g
ビタミンE  0.42g
飽和脂肪酸 5.4g
一価不飽和脂肪酸 3.4g
多価不飽和脂肪酸 4.29g
オメガ3        0.67g
オメガ6       3.62g
カリウム 122mg
マグネシウム 21.2mg
リン  34.7mg
鉄   0.8mg
亜鉛  0.35mg
マンガン 0.28mg
食物繊維 3g

※栄養分析は調理による
重さの変化は含まれません。

一価不飽和脂肪酸…オメガ9
多価不飽和脂肪酸…オメガ3,6

 

fat-udosoil

 

気になる栄養価

food-composition-2

 

 

 

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*